レーシックイメージ

レーシックは無料の適応検査をクリニックで受けられます

レーシックの手術を3年程前に受けましたが、それにあたって、事前に適応検査なるものを受けることができました。
これはどこのクリニックでもやっていることで、眼の状況を掌握し、適切な術式はどれがいいのかを選択する意味でも手術前にクリニックによって実施されるもので基本的には無料の検査ということになります。
ただ、時間がえらくかかった記憶があり、ざっと三時間程度見ておいたほうがいい検査でした。
まず問診票に記入し、自分の眼の状態について記入を行います。
その後が具体的な検査になります。
コンタクトレンズなどは影響がでるのでこの検査の前3日間ぐらいは使用できないことになりますので注意が必要です。
そして点眼剤を入れて眼底検査を行います。
近視や乱視、遠視などの度数をここで正確に測定することになります。
そして屈折度数を検査すると一応の検査をすべて終了となり、そのデータをもとにして診察が行われます。
ここまででだいたい二時間半から多少待たされると三時間というコースです。
しかしこの検査を行いますと、レーシックに適格かどうかがわかりますし、だいだいの視力回復のめども提示されることになりますので、やはり一度受けてみると本当に手術をしたほうがいいかどうかの大きな判断になることは言うまでもありません。
この診察段階で、私の場合ですと乱視が治るかどうかについても細かく質問することができましたし、レーシックの手術を受ければほぼ両目ともに1.5程度の視力まで回復できそうであるといっためども提示してもらうことができました。
こうした検査は実際にレーシックの手術をするしないに係らずどこのクリニックでも定期的に行っているものですので、興味があれば、まずは一度受けてみるのがお勧めだと思います。
様々なことも質問する機会に恵まれますのでクリニックの感じをつかむこともできますし、できればこうした機会をうまく利用してみるのがお勧めです。
また、気になるレーシックにかかる費用についても参考にご覧ください。
どこのクリニックでも同じような検査をしますので複数受ける必要はないのではないかと思いますが、自分の眼がどこまで回復するのかの大まかな状況を把握するのにはぴったりの検査であると思います。
あとはいくつかのクリニックの説明会に通って病院との親和性があるかどうかを確かめてみるのがお勧めです。
やはり安心して信用できるクリニックにかかることがこうした治療ではとても重要だと思いますし、色々と面倒がらずに相談にのってくれるドクターのいるクリニックを選択するのがお勧めです。
また、レーシックの副作用についても参考にご覧ください。

Copyright(C) 2009 眼科検査.com All Rights Reserved.